人は皆天国へ逝く

人は皆天国へ逝く

人を殺め生きようと、虫も殺さずとも

自ら死を選ぼうと、大往生しようと

人は何をしても最期は皆天国へ逝く

何をしても最期は同じ

だから、何をして生きるかは自分次第

広告を非表示にする

宝くじが当たった

自分は過去に宝くじの高額当選をしたことがある。

当選したのはロト6の3等で、当選金額は約40万円。

クイックピックで25口買い(宝くじに5000円も使ったのは初めてだった)、その内の1口だけが当選した。

当選が分かったのは日曜日で近所の宝くじ売り場まで引換券を貰いに行ったのだが、その日の自分は目の焦点が合わず、真っ直ぐにしか歩けなかったのを覚えている。

引換券を貰う前に駅ビルの喫煙所で一服しようと思ったが、エスカレーターで立ったままでいることができなかった。

ただただ目の焦点が定まらず、エスカレーターを歩きながら上り、一服を終えてもエスカレーターを歩きながら下る足は震えていた。

 

宝くじ売り場のお婆さんは動じなかった。

職業柄、数百万円数千万円の当選券を何枚も見てきたのだろう。

「これはうちではお渡しできませんねぇ。この裏にご住所とお名前を書いて、これも持ってみずほ銀行で受け取ってください。よその銀行では交換できませんからね。みずほ銀行で交換してください。印鑑もお持ちくださいね。30分くらいお待ちいただくことになると思います。」

お婆さんはなかなかのボリュームの声で喋るので、周辺は工事で人は少なかったものの、周りが気になって仕方なかった。

当選したくじ券とレシート(引換券)を受け取った後、今の自分の運なら何か起こるかもしれないと思い、その場でロト6をクイックピックで50口(1万円)購入した。

購入したくじ券を渡される時に、お婆さんに「大きな金額が当たっておめでとうございます」と言われたので、自分は「ありがとうございます」と返した。

 

翌々日、みずほ銀行に向かい当選金を受け取った。

呼び出し音が鳴り窓口に向かうと、約40万円の札束と封筒がカルトンに置かれていた。

ピン札ではなかったので、札束が分厚かったのを覚えている。

ちなみに、50口のロト6は5等(1000円)すらかすりもせずに全て外れた。

 

当選した約40万円は1ヶ月もせずに全てなくなってしまった。

その内訳は以下だ。

 

Suicaにチャージ 5000円

サプリメント購入 10000円

洋服購入 35000円

ゲーム機・ゲームソフト購入 40000円

Amazonで買い物 10000円

イヤホン購入 30000円

ゲームに課金 130000円

友人へのプレゼント 100000円

宝くじ購入 40000円

 

まさにあぶく銭と言った感じだろう。

書き起こしてみてゲームへの課金がいかにアホらしく無駄な使い方かもわかるし、性懲りもなく宝くじを購入しているが1000円が一度だけ当たったくらいだ。

 

約40万円の当選をして、自分は何か運を持っている人間だと思い込むようになってしまった。

数字がひとつ違えば数千万円、はたまた2億円を獲得できていたという悔しさのようなものもあり、前述の自惚れも加わって、今でも宝くじを購入しては大損するという生活から抜け出せずにいる。

広告を非表示にする

現代語訳 般若心経

求道者(ぐどうしゃ)にして聖なる観音は、深遠な知恵の完成を実践していたときに、存在するものには五つの構成要素があると見きわめた。しかも、かれは、これらの構成要素が、その本性からいうと、実体のないものであると見抜いたのであった。
シャーリプトラよ、この世においては、物質的現象には実体がないのであり、実体がないからこそ、物質的現象で(あり得るので)ある。
実体がないといっても、それは物質的現象を離れてはいない。また、物質的現象は、実体がないことを離れて物質的現象であるのではない。
(このようにして)およそ物質的現象というものは、すべて、実体がないことである。およそ実体がないということは、物質的現象なのである。これと同じように、感覚も、表象(ひょうしょう)も、意志も知識も、すべて実体がないのである。
シャーリプトラよ、この世においては、すべての存在するものには実体がないという特性がある。
生じたということもなく、滅したということもなく、汚れたものでもなく、汚れを離れたものでもなく、減ることも、増すこともない。
それゆえに、シャーリプトラよ、実体がないという立場においては、物質的現象もなく、感覚もなく、表象もなく、意志もなく、知識もない。眼もなく、耳もなく、鼻もなく、舌もなく、身体もなく、心もなく、かたちもなく、声もなく、香りもなく、味もなく、触れられる対象もなく、心の対象もない。眼の領域から意識の領域にいたるまでことごとくないのである。
(さとりもなければ)迷いもなく(さとりがなくなることもなければ)、迷いがなくなることもない。こうして、ついに、老いも死もなく、老いと死がなくなることもないというにいたるのである。苦しみも、苦しみの原因も、苦しみを制することも、苦しみを制する道もない。知ることもなく、得るところもない。
それゆえに、得るということがないから、諸々の求道者の知恵の完成に安じて、人は、心を覆われることなく住している。心を覆うものがないから、恐れがなく、転倒した心を遠く離れて、永遠の平安に入っているのである。
過去・現在・未来の三世にいます目ざめた人々は、すべて、知恵の完成に安じて、この上ない正しい目ざめをさとり得られた。
それゆえに人は知るべきである。知恵の完成の大いなる真言、大いなるさとりの真言、無上の真言、無比の真言は、すべての苦しみを鎮(しず)めるものであり、偽りがないから真実であると。
その真言は、知恵の完成において次のように説かれた。
往(ゆ)ける者よ、往ける者よ、彼岸に往ける者よ、彼岸に全く往ける者よ、さとりよ、幸いあれ。
ここに、知恵の完成の心を終わる。

広告を非表示にする

自殺の心得

「生きてれば良いことあるよ」

そうですか、じゃあ自殺しましょう

 

「話聞くよ、力になるよ」

そうですか、じゃあ自殺しましょう

 

「一度深呼吸してみてください」

そうですか、じゃあ自殺しましょう

 

「死にたいと思うのは、生きたいという証なのです」

そうですか、じゃあ自殺しましょう

 

「生きたくても生きられない人がいる」

そうですか、じゃあ自殺しましょう

 

「自殺した人は地獄に堕ちます」

そうですか、じゃあ自殺しましょう

 

「自殺はすごく苦しいよ」

そうですか、じゃあ自殺しましょう

 

「この本を読んでみて、この曲を聴いてみて」

そうですか、じゃあ自殺しましょう

 

「俺(私)も昔自殺しようとしたんだよ、でもね・・・」

そうですか、じゃあ自殺しましょう

 

「本当は死ぬ気なんて無いんだろう?」

そうですか、じゃあ自殺しましょう

 

「死にたいなら勝手に死ねば?」

そうですか、じゃあ自殺しましょう

 

「死に損なうと苦しい思いするよ」

そうですか、じゃあ自殺しましょう

 

「親不孝なやつだな」

そうですか、じゃあ自殺しましょう

 

「遺された人のことを考えてください」

そうですか、じゃあ自殺しましょう

 

「他人に迷惑をかけるな」

そうですか、じゃあ自殺しましょう

 

「死にたくても生きているあなたは立派です」

そうですか、じゃあ自殺しましょう

 

 

 

自殺を決心した人には、何を言っても無駄だ。

彼ら彼女らは、元気である演技もする。

取れる手段は何も無いのだ。

ありがたい格言も、優しい言葉も、薬もセラピーも、なんの意味もなさない。

広告を非表示にする

いのち

ずっと死にたい死にたいと思って生きてきた。

でもそれは、「死なずに生きてきた」ってこと。

だからこれからも死ぬことはないだろう。

その気持ちを大切にするし、大切にしてください。

広告を非表示にする

自分自身を無くそうとしても

あなたは腕を切るだろう。

あなたの細胞と体液は失われる。

私は爪を噛むだろう。

私自身を削り取るかのように。

しかしいくら自分自身をこの世から無くそうと企んでも、細胞は復活し、体液は生産され、爪は伸びてくる。

自分の意思に反して、身体はこの世に在り続けることを望んでいる。

死にたい

死にたいって検索して

はたまた死にたいって気持ちで

たまたまこんなブログにたどり着いてしまったあなた

縁を感じるって言ったら気持ち悪いかもしれないけど

まあちょっと聞いて?

人間なんていつか死ぬもんなんだから

あなたが今死のうといつ死のうと気にしないよ

今死にたいんなら死ねばいいし、

それが嫌なら、死ぬのを楽しみにして生きてみるのも面白いんじゃない?

まあそれだけだよ

広告を非表示にする