読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間の価値

よく「価値のない人間」という言葉を耳にする。
「価値」とはなんであろうか。
「価値のある人間」とは、「誰かに貢献している人間」という意味なのであろうか。

誰かに貢献しているからなんであるだ。
誰かに貢献していないからなんであるのだ。
誰かに貢献していようとしていまいと、「人間」は「人間」である。
動物である。
肉があり骨がある。
細胞がある。
物質で構成されている。

「価値のある物質」とは何か。
「価値のない物質」とは何か。

そもそも「価値」とは誰が決めている?
おそらく発言者の中の「常識」や「世間」であろう。
「常識」とは何か。
それは立場や考え方次第で変わるものだ。
「世間」とは何か。
それは社会情勢によって変わるものだ。

もし「あなたは価値のない人間だ」と言われたとしたら、それを変換すると、「あなたは自分(発言者)が勝手に常識だと考えている一般的な、世間的な、あいまいとした「価値」というものがない人間だと自分は思っている」と言われているに過ぎない。
だから考えすぎたり思い詰めたりする必要はない。

偏差値が高い方が価値がある。
年収が高い方が価値がある。
交際人数が多い方が価値がある。
慕われている人間が多い方が価値がある。
まやかしだ。
偏差値が高い人間も低い人間も、
年収が高い人間も低い人間も、
交際人数が多い人間も少ない人間も、
慕われる人間も慕われない人間も、
いつか死ぬ。
燃やせばただのカルシウム。
物質。

「価値のある物質」とは何か。
「価値のない物質」とは何か。
答えられる者も物質であるし、答えられない者もまた物質である。

広告を非表示にする

脱法ハーブを吸った②

※以前STORYS.JPというサイトに掲載したところ削除されてしまった記事をそのまま記載します

 

脱法ハーブを「二度とやるか!」と心に誓ってから3年以上が経ったある日。
脱法ハーブで自動車暴走、などのニュースが流れ始め脱法ハーブに対する世間の認知度は高まってきていた。
自分は喫煙者となり、ドラッグについての知識も本やネットなどで身につけていた。
ニュースで観てハーブという言葉とかつての経験を思い出した自分はこう考えていた。

「あの時失敗したのは量とセッティングが悪かったからバッドに入っただけじゃね?」

薬物は使用した時の気持ちが増幅される。
自分は高校生の頃初めての予想外の経験にびっくりして、「どうしよう!」と思ってしまった。
その「どうしよう!」という不安な気持ちが増幅されて、楽しむ方向に舵を切ることができずに混乱≒バッドに入ってしまったのである。
「それならば、うまく舵を切ればまだ見ぬ世界を経験できるのではないか?」そう考えていた。

まずは「自分の行ける範囲の栄えている地域+合法ハーブ」で検索してみた。
すると大体4、5件はヒットした。
驚くべきことに、最寄駅の近くにも脱法ハーブ店は存在していた。
行けるところは全て行ってみた。
「二度とやるか!」の時にボングも捨ててしまっていたので、パイプ探しも兼ねていた。
パイプは見つからなかったが、雰囲気が合い扱う銘柄も多い店が何件か見つかり、そこを行きつけと決めた。
パイプはまたも楽天で購入した。
今度はボングではなく、収納や持ち運びに便利なモンキーパイプを選んだ。

荷物が届くと早速電車で一駅の店と最寄駅の近くの店に向かい、それぞれの店のオリジナルのブレンド品を1袋ずつ買った。
合計5000円ほどだったと思う。
帰宅したら、自室の隣のベランダで最寄駅の近くで買った方のハーブを早速吸う。
以前と違い喫煙者なのでベランダにいても怪しまれないし、いざという時パイプは畳んでポケットに入れられる。
タバコで喫煙作法に慣れていた自分はすんなりと2、3口吸うことができた。
しばらくベランダでしゃがみこむ。

・・・
なんか自分の意識が天に向かっているような、天から自分を俯瞰しているような。
あっ思い出した。
懐かしい、「あの時」の感じだ。
高校生の頃経験した、「0.1秒前何をしていたのか忘れてしまう」感じだ。
自分は「ベランダでしゃがんでいる」ことを忘れていた。
ここでびっくりしたり家族の目が不安になったりしてしまうと、また無限ループに陥ってしまう。
立っているのを忘れつつ、ベランダのドアを開け閉めしているのを忘れつつ、部屋に戻ろうとしていることを忘れつつ、なんとかうまく波に乗りながら部屋で横になることができた。
その日は懐かしさに包まれながら落ち着き、自然と眠りについていた。

起床して、昼頃に今度は違う方のハーブを吸ってみた。
「忘れる感じ」も予想できていたので、うまく波に乗りながら部屋に戻り横になる。
当時は携帯電話を持っていなかったので、ネット閲覧用に使っていたiPod touchを眺めていた。
すると、なんとiPod本体が一昔前のゲームの3Dのような感覚で見えるのである。
以前より住人が増えた合法ハーブまとめwikiのコメント欄で見かけた、「部屋の物が3Dに見える!」とはこのことだったのかと思った。
それからは特に目立ったこともなく、効果の切れ際は非常にリラックスした気持ちになっていた。

後日。
電車で二駅の店と最寄駅の近くの店で違う銘柄をそれぞれ購入。
どちらの方か忘れたが、夜に吸って今度は音楽をかけてみることにした。
音楽が心に響く。
響きすぎる。
低音は骨まで響き、高音はまるでコンポ自体が歌っているかのよう。
次第に、コンポのスピーカー部分が口のように、自分で動かして歌っているかのような幻覚が見えた。
自分は感動してとても幸せな気分になっていた。
それからハーブを吸うなり音楽を聴くのが日課になった。
コンポが歌う。
加湿器が歌う。
間接照明が作り出した影が動く。
楽しくなった自分は脱法ハーブ店に何度も赴き、行くたびに新しい銘柄を追加していた。
1袋4000円が相場の中、6000円もするハーブも見つけた。
「強気な価格設定ですね。」
そう店員に言うと、
「これは業界人の中でも一目置いている品物です。おすすめですよ。」
と言われて乗せられてしまったこともある。

自分は何個かハーブを所持していたが、その中に一つまずいものがあった。
時々wikiのコメント欄で「一欠片でも持っていかれる」というような書き込みを見かけていたのだが、まさしくそのようなハーブに当たってしまったのだ。
いつものように吸って部屋に戻ると、固まった。
部屋の照明のスイッチをガン見したまま、視線を動かすことができない!
「ガガガガガガ」と騒音が頭の中で鳴り響く。
騒音の中思考が停止して、ただただスイッチをガン見し続ける。
地獄だと思った。
騒音が止まりやっと動くことができたかと思うと、今度は何か声が聞こえてくる。
視界いっぱいに大量の泡のようなものが溢れ出し、
「あゎ~♪」との高い声が響き出した。
そして美しい旋律の歌が流れ始め、自分は感動して思わず涙を流していた。

それからは様々な幻覚を見た。
思い出せるけど説明不可能なものや、音楽に合わせて人類の進化を教えてくれるようなものなど。
どれも何か意味のあるもののように感じては、感動し涙を流していた。
幻聴も聞こえたことがある。
とても優しい幻聴で、またも自分は泣いていた。

精神的に落ち込んでいる時もハーブを吸った。
吸うと楽になったが、足がビクッと動いたり、心臓がズキン!と痛んだりしたこともある。
落ち込みがMAXの頃、自分はハーブを使っての自殺を計画していた。
「忘れる」感覚を活かして、「息を止めていることを忘れて死ぬ」というものだ。
ベッドの上で羽毛の掛け布団に顔を乗せ、体重をかける。
すでに息が苦しい。
息をすることを止めてみた。
限界まで止めた頃、おそらく気を失ったのか、楽になった。
その時、生命の存在する意味について示すかのような幻覚?はたまた夢?を見た。
その内容については書かないが、意識が回復した頃、自分は何か満足感のようなものを得ていた。
自分は何かを悟ったのだ。

あくる日、ハーブで嘔吐した。
吸って寝転んだ後、急に自分自身を斜め下から見上げているような感覚に陥り、そのまま嘔吐してしまった。
吐いている最中「汚忌多くん死んじゃったなり~!」というような幻聴も聞こえた。
窓を開けたまま嘔吐したので、通行人に不審がられたかもしれない。
それからはハーブは机の中に封印してしまった。

ハーブをやめた自分は、違うものに目をつけていた。
「合法パウダー」である。
バスソルトとも呼ばれ、実物を見たことはないが見た目はまるで覚せい剤のようだ。
主な使用方法は、タバコの先にちょんちょんとつけてそのまま火をつけてタバコと一緒に吸う、というものだった。
電車で二駅の店と最寄駅の近くの店で取り扱っていたので購入し、吸ってみる。
ネットで調べた通りに最初のひと吸いで思いっきり息を止め、ゆっくり吹く。
息を吹いた時、自分はとろけんばかりの快感に包まれていた。
これには癖になり、家のみならずあらゆるところで毎日のように吸った。
合法パウダーのケースは非常に小さい筒状で、開け口からちょうどタバコを1本差し込めるようになっている。
ハーブと違ってパイプを持ち歩くこともないし、もし吸っているところを見られたとしても普通の喫煙にしか見えない。
路上で吸って、活力が漲りながら散歩したりした。
しかし合法パウダーはハーブとは違って依存性が凄まじかった。
ひどい時には5分おきに吸っていたし、値段も高かったので、中止させるには苦労した。

しばらくして、自分は急に「合法麻薬」そのもの飽きてしまい、ハーブもパウダーも全て捨ててしまった。
昨今脱法ハーブは危険ドラッグと呼ばれるようになり、販売店は自治体の取り組みや警察の根強い捜査などで壊滅した。
ハーブやパウダーなど、危険ドラッグはもうやろうとは思わない。
しかしハーブで窒息した時得た悟りは自分の人格や世界観に今でも影響を与えている。

脱法ハーブを吸った①

※以前STORYS.JPというサイトに掲載したところ削除されてしまった記事をそのまま記載します

 

かつて脱法ハーブを吸っていた時期がある。
詳しく年齢は書けないが、高校生の頃と、20代前半の頃である。

下書きしたら長くなったので今回は高校生の頃の話のみです。

高校生の頃は、世間での呼称は「合法ハーブ」というよりそもそも世間に認知されていなかったと思う。
今もあるか知らないが合法ハーブまとめwikiなるものが存在し、wikiを見ても銘柄がそれほど無かったように思う。
通販業者も少なかった記憶がある。
wikiに載せられている通販業者を利用して、おすすめされているものを1袋買った。
4000円ほどだったと思う。
届いた袋の中には乾燥された緑色の植物の破片が詰め込まれており、嗅ぐと独特の匂いがした。
最初はまず、ネットで見つけた画像をもとにアルミホイルでパイプを作って吸ってみた。
だが当時喫煙していなかった自分は吸い方がよく分からず、何も感じることはできなかった。
しかし何度か試してみたある時、口から細い煙を吹くことができた。
「これは吸えた」と思った自分は、ベッドで仰向けになって寝て経過を観察してみることにした。
なぜだか、気持ち良い。
全身が敏感になっているのか?
息をしてお腹が動くたびに服の裏地と身体がこすれ、気持ち良い。
つま先から胸に向かって快感の波が何度も押し寄せてくる。
インパクトは無かったが、素朴な気持ち良さだった。
これが脱法ハーブで気持ち良いと思った最後の1回だった。

自分は毎日のように吸おうとは思っていなかった。
ハーブも机の中にしまったままだった。
ある日の夜なんとなく、吸ってみようと思った。
楽天で買って届いていたボングを使ってみたかったのもある。
夜は家族が家にいる時間帯で、喫煙していない自分の部屋から煙の匂いがしたら不審がられると思い、窓を半分開けて身を乗り出して着火した。
ひと吸いだったが、今考えるとものすごい量の煙を吸ってしまった。
普通のタバコなら気分が悪くなるレベルの量を、しかも深吸いした。
喫煙していなかった自分はその尋常ではない煙の量に気付かず、ちゃんと煙が吹けたのを確認しては「吸えた」と一安心していた。
ボングの水を窓から捨て、机の中にしまい、さて横になろうと座っていた椅子から立ち上がった。

・・・
何かが回転している。
・・・
何かが回転している。
よく考えると足が動いているように思う。
足を止めてみよう。
少しずつ回転が遅くなっていく。
線のような物が見える。
線のような物が見える。
自分は何か嫌な予感がしてぞわっとした。
回転していた線が止まっていく。
「えーーーっっっ!!!」というような、心臓の止まるようなものすごいショックを受けた。
自分は畳の縁の上を、1人で行ったり来たりしていたのだ。
下を向いてずっと歩いては踵を返し、歩いては踵を返しを繰り返していたから、畳の縁が回転しているように見えたのだろう。
こんな姿をもし家族に見られていたらどうしよう・・・!と部屋のドアを見るが、閉まったままであった。
安心しようと思ったが、自分は「なぜどうしようと思ったんだっけ?」と思っていた。
「なぜどうしようと思ったんだっけ?」
「なぜどうしようと思ったんだっけ?と思ったんだっけ?」
「なぜどうしようと思ったんだっけ?と思ったんだっけ?と思ったんだっけ?」
「なぜ・・・」気が付くとさっきから畳の縁の上で突っ立ったままだった。
こんな姿を見られていたら・・・!再びドアを見るが、何も変わらない。
自分はベッドの上に両手をついた。
「どうしよう」と思っていた。
「どうしよう・・・」
「なぜどうしようと思ったんだっけ?」
「なぜどうしようと思ったんだっけ?と思ったんだっけ?」
「なぜどうしようと思ったんだっけ?と思ったんだっけ?と思ったんだっけ?」
気が付くとベッドに両手をついたまま固まっていた。
家族に・・・!と思いまたドアを一瞥する。
変わりはなかったが、このまま固まったままだともし家族に部屋に入られた場合不審がられると思い布団を被ることにした。
布団の中で、自分は「早くこの状態終われ!」と思っていた。
時計を見た。
しばらく待ってみて、また時計を見た。
5秒しか経っていなかった。
今度はとにかく「終われ!終われ!」と思いながら辛抱してみることにした。
悠久の時を過ごしたと思った。
時計を見ると、30秒しか経っていなかった。
自分は本気で絶望し、生まれて初めて「神様!」と思った。
しばらく絶望の中だったが、ふとあることを閃いていた。
「オナニーをしてみよう」
すぐさま始めると、読みは当たっていた。
「なぜしているんだっけ???」
「なぜしているんだっけ???と思ったんだっけ???」
「なぜしているんだっけ???と思ったんだっけ???と思ったんだっけ???」
この間、身体はオンのスイッチしかない機械のように高速で動きっぱなしだった。
「なぜ?なぜ?なぜ?・・・!!!」
射精した。
尋常ではない量の射精をした。
「これがキメセクか・・・」とオナニーなのに勝手に思っていた。
疲れて大きく深呼吸していたが、やはり「この状態」の終わる余地は見えないでいた。
「神様・・・」と思っては、些細なことで「なぜ?なぜ?」のループにはまる。
気が付くと夜が更けていた。
とりあえずシャワーを浴びようと頑張って浴室まで辿り着いたが、自分は鏡を見て悲しくなった。
そこに映っていたのは目がとろんとしていて焦点が合っていない男の顔、「イっちゃっている」自分の顔だった。
シャワーを浴びて落胆しながら自室に戻る。
横になると、少しだけ眠りにつくことができた。
目が覚めたらピーク時よりはだいぶ回復していたが、まだ違和感が残っていた。
しかし動けることは動けるので、ハーブを全てトイレに流して捨てた。
「二度とやるか!」当時の自分は、そう強く思った。

それから2、3日ほど違和感が取れずに苦しんでいたが、次第に違和感が取れ、やっと「生きている」と思うことができた。
しかし、しばらくしてから時々フラッシュバックのようなものに悩まされるようになってしまった。
出かけたり、友達と話したりしている最中に、「あれ、俺何してるんだっけ」と立ち止まってしまう。
誰にも言えない症状だった。
この症状が完全に現れなくなるまで、半年から1年はかかったと記憶している。

女子高生にフェラしてもらった

※以前STORYS.JPというサイトに掲載したところ削除されてしまった記事をそのまま記載します

 

自分が22歳の頃だった。
あまりに家で1人で暇すぎたので、「斉藤さん」というスマホアプリを始めてみた。
斉藤さんとはランダムで知らない人と電話ができるアプリである。(現在では仕様が変更されておりランダムではなくなったそう)
すぐさま電話をかけてみたのだが、「エロい人来て」「一緒にしよう」「見せます」とプロフィールに書いてある男ばかりとマッチングし、まともな人とはなかなか話せずにいた。
その日は電話できずにやめたが、1人でいる暇状態には勝てず、就寝前は電話を何回かかけてみるのが日課になった。
何度も電話をかけてはキャンセルされてを繰り返しているうちに、ある日「10代」と書いてある女性とマッチングした。
「こんばんは」と言うと、その子(以下、R)はいきなりカメラをつけてきた。(斉藤さんにはビデオ通話機能もある)
そこには、イヤホンをしながら部屋の片付けをしている女の子が映っていた。
電話を始めてまず「R」というまさに平成の女の子なかわいい名前を教えてもらい、年齢と住んでいる都道府県も教えてもらった。
住みが近い、女子高生だった。
Rは部屋の片付けに夢中であまり喋らず、質問をしたら作業を止めて「うん」と言うように無言で頷き、また作業を始めるというような女の子だった。
雑談したり片付けしている様子を眺めたりしているうちに、気がついたら1時間が経っていた。
「そろそろ寝なくて大丈夫?」と聞いたら寝ると言うので、電話をおしまいにしようした。
だがいつも1人で寂しかった自分は、「もしかしたらこの子ならネット友達、電話友達になってくれるかもしれない」と考えRとカカオトークを交換した。(ラインは未成年とのID交換ができないとは後から知った)
カカオ友達になった後斉藤さんを終了したら、すぐさまRからカカオで電話がかかってきた。
電話に出て「どうしたの?」と聞くと、「めっちゃかっこよくてびっくりした」と言われた。
当時自分はカカオのプロフィール画像を自分の顔写真にしていたのだが、女子高生から評価されたのは初めてだった。
それから、毎日のように電話した。
Rのバイト帰りや寝る前によく雑談したが、Rは下ネタが好きな女の子だった。
電話中にコンビニで会計し、終わったら「おまた~・・・好きなくせに。」とか言ってきたり、急にしりとりを始めては返す単語が全て下ネタだったりした。(自分も乗ってあげたらツボに入っていた)
Rは歌も上手く、よくその透き通るような歌声を披露してくれた。
自分は次第にRは実際に会ったらどんな子なんだろうと興味を抱き、「会おう」と言ったらRはOKしてくれた。

 

新宿駅南口、待ち合わせの時間帯。
Rから電話がかかってきたので出ると、「見つけた~」と。
振り返ると、制服姿のRが立っていた。
実際のRを初めて見て、身体がちっちゃいな、と思った。
一旦コンビニで買い物した後約束していたネットカフェに2人で入った。
そこのフラット席はとても狭く、2人で座っているだけで身体が一部触れ合っていた。
脚フェチの自分は短いスカートから伸びるふとももが自分の手に当たっているのがたまらなくなって、小声で「ぎゅってしていい?」と言ってしまった。
Rはこくりと頷いた。
初めての女の子の感触にまたたまらなくなって、今度は「ちゅってしていい?」と言った。
彼女は頷き、自分にとっての初キッスをした。
それからいろいろいちゃいちゃした。
ふともも触ってちゅーして、シャツのボタンを開けさせてブラジャーをずらして乳首を触って舐めて、ふともも触ってちゅーしてと、とにかく自分は脚フェチなんだなあと実感した。
スカートをめくって下着をずらして陰部を触った時は、濡れていてRは目を閉じていた。
童貞だった自分は特にRを気持ち良くさせてもいないのに、「俺のことも気持ち良くして」と生意気にも言った。
するとRはスマホを取り出し、スマホのメモ帳を使っての筆談のような会話が始まった。
「誰にも言わないでね、汚忌多捕まっちゃうよ?」「口には出さないでね」
「わかった」と小声で言うと、再度Rは「口には出さないでね」と念を押してきた。
頷くと、Rも頷いた。
自分は仰向けになって寝て、ズボンを脱ぎ下着をずらした。
Rは亀頭をティッシュでぽんぽんと拭いた後、ぺろぺろしてきた。
ぺろぺろして、咥えて、上下して・・・
初めての体験だったが、自分はあまり気持ち良くないなと感じた。
しばらくするとRは行為をやめ、亀頭を拭くと、ネカフェのサービスのドリンクに入っていた氷を取り出して、氷を口に含んだまま咥えてきた。
これは気持ち良いとは思ったが、性的な気持ち良さではなかった。
咥えるのをやめるとまた亀頭を拭いており、我慢汁をとても気にしているようだった。
Rは氷無しで行為を始めたが、そこでちょっとした事件が起こった。
咥えて上下している最中に口から外れてしまい、「ちゅぽっ」という音が部屋中に響いてしまったのだ。
その瞬間Rはびっくりしたように手で口を押さえて微笑んだ。
10代の女の子の見せる仕草にかわいいなと思った自分も微笑みRの頭を優しくぽんぽんして、「気持ち良かったよ」と伝えるとRは寝てしまった。
Rが寝ている最中自分はずっとRのふとももを触っていた。
すべすべでムチムチのふとももを揉んで、さすって、ひたすら撫で回していた。
脚に夢中になっているうちに退店時間が迫っていたのでRを起こすと、Rは両腕をこちらに広げてきた。
抱きしめて、Rの顔を両手でつかまえ、長くキスをした。
ネカフェ代は奢るつもりだったが、Rは当たり前のように半分お金を出してきた。
店を出て歩きながらRに「寝てる時ずっと脚触ってた」と言うと、「犯罪起こしそうだなと思った」と言われてしまった。
「夕ご飯食べる?」と聞くと食べると言うので、一蘭に入った。
「奢るよ?」と言ったのだが、Rはまた当たり前のように自分で食券を買っていた。
一蘭でもラーメンを待っている途中にふとももを触ってしまい、失笑されてしまった。
駅のホームで帰り際に「帰ったら電話してね?」と寂しそうな声で言われたが、電話をするのを忘れてしまった。

 

それから、Rは既読無視をして電話にも出なくなってしまった。
気がつくと、Rのカカオは消えていた。

自殺論

人間はいつか死ぬものである。
今死のうと、いつか死のうと、動物や植物からしたら関係ない。
人間が生きようと死のうと同じなのである。
宇宙的な視点で見ると、50年以上生きるはずの生命が20年足らずで活動停止したとしても、「些細」以下の塵のような問題でしかない。
問題ですらない。
人間が生きようと死のうと、ただ物質が移動しただけにすぎない。

よく「あなたが死ぬと悲しい」と言われる。
悲しもうと死ねばいい。
悲しまなくても死ねばいい。
いつか死ぬのだから。
死ぬ日がたまたま今日になっただけで、今死のうと、100年後死のうと、自分以外の物質はそんなものに興味はない。
人間は物質で構成されている。
死体も物質で構成されている。
生きようと死のうと物質であることに変わりはないと考えれば、スムーズに死ぬことができるだろう。

生きることも死ぬことも同じである。
生きたければ生きればいいし、死にたければ死ねばいい。
どちらを選ぼうと、変わりはない。
人間は生きている魚も、干物などの死んでいる魚も、同じように「魚」と理解する。
それと同じことである。
生きようと死のうと動植物からしたら同じなのだ。
ましてや家の壁や土や空といった物質は、甚だ興味がない。

生きるも死ぬも同じこと。
だから安心して生きればいいし、安心して死ねばいい。

広告を非表示にする